英語学習(子ども)

英会話教室とオンライン英会話ってどっちがいいの?〜子ども編〜

子どもに英会話教室(年少~年長の3年間)とオンライン英会話(小学校1年生~現在継続中)を習わせてみて感じた、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

はじめに

で、どっちがいいの?

結論を申しますと、

小学校入学前は英会話教室、

小学校入学後はオンライン英会話に変更を検討

です。

では詳しくみてみましょう。

英会話教室のメリット

・リアルな英語が聞ける

・同じ先生の授業なので、慣れやすい

・親の空き時間ができる

・リアルな英語が聞ける

直接会ってのレッスンなので、細かい口の動きやニュアンスを感じ取ることができま す。

英語は日本語と違い、口の筋肉や舌をしっかり使っての発音が多い言語です。

なので、直に舌の動きをみれたり、発音の方法を真似できるのは大きなメリットです。

・毎回同じ先生なので、慣れやすい

同じ先生のレッスンを受けるので、子どもが緊張しなくなります。

低年齢用のレッスンは、英語の歌に合わせて踊ったり、ゲームも盛り込んで飽きさせない工夫がたくさんです。

ですので、まだ長時間じっと座ることが難しい入学前のお子さんには特におすすめです。

講師と一緒にリズムに合わせて歌ったり、体を動かしながらのレッスンは、英語を好きになるきっかけ作りに大変効果的です。

・親の空き時間ができる

親の付き添いなしの教室であれば、レッスン中は親の空き時間になります。

少しの用事であればその間にさっと済ませることもできます。

英会話教室のデメリット

・料金が高い

・通うのが大変

・時間の制約がある

・料金が高い

オンライン英会話が出てくるまでは、まあこんなものかと思っていた金額も、比較すると高く感じてしまうかもしれません。

子どもが小さければなおさら、50分~1時間の授業に集中するのは難しく、費用対効果を考えると、二の足を踏んでしまうかも。

・通うのが大変

教室まで自分で通える場合は良いですが、年齢が小さかっったり、教室が遠い場合など親の送迎が必要になります。

そうなると、親と子両方の都合をつける必要があり、共働きの家庭ではなかなか難しいことも。

土曜日のレッスンをおこなっている教室もあるので、探してみるものいいですね。

・時間の制約がある

子供といえど、幼稚園や小学校で疲れますし、冬場はなおさら体調を崩すことも多いでしょう。

でもレッスンの時間は決まっているので、それに合わせて動かなければなりません。

多少疲れているくらいならレッスンに行かせることはできますが、レッスン中に体力が限界に達して、夢の世界へなんてことも。

また、体調不良や私用で欠席した場合の振替の有無も確認しておきましょう。

振り替えができない教室の場合の、月謝の返金対応の有無も合わせて確認しておくと良いでしょう。

もし返金対応がない場合、高い月謝が無駄になってしまいます。

オンライン英会話のメリット

・好きな時間に受けれる

・申し込みが楽

・場所を選ばない

・料金が安い

・好きな講師を選べる

・学習の進みが早い

・自分のペースでレッスンを進められる

・辞めやすい

・好きな時間に受けれる

 英会話教室の場合、始まる時間が決められていて、それに合わせて子どもと親の都合をつけなくてはなりません。

仕事の都合をつけて、レッスンが始める前に幼稚園・学校の迎えに行って、それから英会話教室に送って。レッスンが終わる時間にはまたお迎え。

そんなことしなくていいんです。

今までの生活の中で、時間を見つけてそこにレッスンを入れ込むことができます。

日によっては疲れがたまっていたり、やる気がなかったり。これは親と子両方ともに当てはまります。

そんな時は、時間や日をずらせばいいんです。

体力回復して、やる気もある時にレッスンが受けれれば、内容も身につきやすいですよね。

対面式だと、行かなかった場合の返金ってない場合が多いですし、休ませるのも気が引けたり。

でもきつい中レッスンを受けても、レッスン中に寝てしまうことも時々ありました。

オンライン英会話なら自分達中心で習い事のスケジュールを組み立てることができます。

・申し込みが楽

オンライン上で手続きが完了し、即座にレッスンを始めることができます。

また、自宅で好きな時間にレッスンを受けることができるので、仕事や学校との調整も少なくて済みます。

・場所を選ばない

オンライン英会話はネット環境とパソコンやスマホがあれば、どこでもレッスンを受けることができます。

旅行したり、帰省したりしても英語の学習を止める必要がないんです。

道具と環境さえ整えばいいんです。

・料金が安い

英会話を習わせたい、でも週1回のレッスンでこの金額はきついな。

これからどんどん教育費がかかってくる子育て世代には、頭の痛い問題ですよね。

そこそこのシステムによりますが、対面式に比べて料金が安いことが多いですね。

それに、家族割があったり、家族や兄弟でシェアできるプランを持っている会社もあるので、気軽に始めやすいです。

・好きな講師を選べる

会社には多数の講師が在籍しています。更に国籍も様々なので、自分に合う講師を選ぶことができます。

会社によっては、日本人の講師が在籍しているところもあるので、「英語だけのレッスンはまだ不安だわ」という人は、そういう会社を選べば安心ですね。

・学習の進みが早い

会社のプランにもよりますが、回数無制限や毎日25分受け放題などの会社であればその分レッスンが進むので、どんどん新しい内容のレッスンを受けることができます。

自分でテキストを選べるので、もし復習したい内容が出てきたら、またその内容を選べばレッスンを受けられます。

・自分のペースでレッスンを進められる

マンツーマンのレッスンなので、自分の英語力に合った教材のレッスンが受けれて、さらに進み具合も自分に合わせてくれます。

さらに、講師への要望を事前に伝えておくことができるので、「ここを重点的にレッスンして」とか、「まだ単語がうまく読めない」とか入力しておくと、それを分かった上でレッスンしてくれるので助かります。

・辞めやすい

習い事って一度始めると、辞め時がわからなかったり、なかなか辞めれなかったりすることってないですか?

オンライン英会話では、講師と直接会わないため、その辺りの割り切りは早いと思います。

オンライン英会話の会社はたくさんありますし、合わなければ他の会社への変更を検討してみても良いでしょう。

大体の会社が無料体験できるので、まずは試してみてもいいかもしれません。

大切なお金を払うのですから、子どもに合ったところがいいですよね。

それに時間も体力も有限ですしね。

オンライン英会話のデメリット

・表現が伝わりにくい

・怠けやすい

・表現が伝わりにくい

画面越しだとやっぱり空気感が伝わりにくく、コミュニケーションの難しさを感じることがあります。

困った時のジェスチャーも思うように使えませんので、初心者にはきつい部分はあります。

さらに、回線の状態でタイムラグが生じたり、回線が切断されたりして、レッスンが中断することがあります。

それが度々起こると気になってレッスンに集中できない人も出てくるでしょう。

会社によって、スカイプを使っているところや、アプリでのレッスンのところとありますので、実際使ってみて、自分に合ったものを選ぶといいと思います。

・怠けやすい

教室に通うわけでもないので、「休む」ことに対してハードルが低くなります。

今すぐにレッスンできるタイプであればなおさら怠けやすいです。

予約制のところもありますが、キャンセルもききますし、振り替えもできるので、ついつい休んでしまったり、後回しにしがちに。

英語学習の目標を定期的に確認し、モチベーションを高めていきたいですね。

まとめ

いかがですか?

どちらのタイプにするか、お子様の年齢や家庭の状況によって、選んでみてくださいね。

これはあくまで私が感じたことなので、迷ったらまずは体験してみてください。

英会話教室もオンライン英会話も、無料体験できるところがほとんどですので、まずは見学や体験の予約をして、レッスンの様子を感じて、子どもの反応をみて考えてください。

一緒に英語学習を頑張りましょう。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村