英語学習(大人)

オンライン英会話が怖い時の対処法9選

『オンライン英会話が怖い‼︎』

そんな気持ちを抱えている方、必読です。

わたしも同じ気持ちを経験しました。その時にどんなことをして、克服していったのか対処法をお伝えします。

せっかく始めた英語学習をやめないために、ぜひ参考にしてください。

継続は力なり』です‼︎

1、オンライン英会話を始めてみたけど・・・

『さあ、オンライン英会話に申し込んだぞ、早速レッスンだ』

そう意気込んで、のぞんだレッスン。

『あれ、あれれ、全然言っていることがわからないぞ。』

『なんなんだ、この沈黙は』

『気まずい』

『こんなはずじゃなかったのに』

そんな経験はありませんか?

やっとの思いで申し込んだ、オンラインレッスン。

英語初心者であれば、必ずと言っていいほどぶち当たることかと思います。

こんなことが続くと・・・

『また沈黙になったらどうしよう』

『聞き取れ何し、話せないし、恥ずかしい』

と思うようになり、結果的に、

『オンラインレッスンって怖い』

そんな感情が出てきて、レッスンを受けることに尻込みしてしまうことも。

2、『怖い』理由って何?

そもそも、オンラインレッスンが怖い理由って何でしょうか?

・初対面の人との会話が緊張する

・外国人と話すことに慣れていない

・自分の英語に自信がなくて、不安

・聞き取れないし、思ったことを英語で表現できない

などなど。

では、その怖さをなくすためにどうしたらいいのでしょうか

3、対処法9選

①話しやすい講師を選ぶ

講師を選ぶ時に、自分が緊張しない相手を選びましょう

では、何を基準にして選べばいいのか?

国籍や性別、年齢、笑顔、発音、どの基準でも構いません

自分が、怖さを感じず、落ち着いてレッスンを受けられる講師を選びましょう。

事前に、講師の自己紹介動画を見たり、その講師のレッスンを受けた生徒からのレビューが見れたりすれば、それを参考にしてください。

②お気に入りの講師を見つける

今までレッスンを受けてきた講師の中で、自分とペースが合っている、レッスンがやりやすい、良い印象であった講師を「お気に入り」に登録しておきましょう。

そして、そのお気に入りの講師のレッスンを、何回も受けてみましょう。

顔見知りになってくると、自分の英語レベルもわかってもらえます。

なので、ゆっくり話してくれたり、的確なサポートをしてくれたりします。

また、その講師がよくする質問もわかってくるので、事前に答え方を用意するという対策ができます。

③簡単なテキストを選ぶ

自分のレベルより、簡単なテキストを選びましょう

それも、グッと低めのものを選びましょう

レベルが低めのテキストを選ぶことで、レッスンが滞りなく進みます

それに、講師にこちらが「正真正銘の初心者なんだ」ということがわかってもらえます。

・スムーズにレッスンが進めば、終えた時に自信に繋がる‼︎

・『成功体験』を積み重ねることで、気持ちが前向きになる‼︎

④自己紹介やあいさつを事前に考えておく

何度かレッスンを受けると、よく聞かれる内容というのがわかってきます。

例えば、How are you?

は定番の質問で、ほぼどの講師も聞いてきます。

ですので、この質問がきたときの答え方をいくつか用意しておきましょう

I’m good.

Same as usual.

こんな感じで、いくつかストックしておきましょう。

このほかに、自己紹介も用意しておくといいですね。

■居住地

■家族構成

■仕事

■趣味

■英語学習を始めた理由

などがよく聞かれます。これらについて、あらかじめ英文を作っておきましょう。

他には、今日の予定や、朝食の内容を聞かれたことも

自分がレッスン中に聞かれたことはその都度リストを作って、暗記できるまで練習しましょう

こうすることで、簡単なフリートークであれば困ることが少なくなります。

⑤フリートークのテキスト以外を選ぶ

「この絵を見て、話してみて」「この記事を読んで、思ったことを教えて」そんなフリートークが必要なテキストは避けましょう。

発音や文法のテキストを選びましょう

そうすれば、基本的に、テキストを読んだり、簡単な文法問題に答えたりするだけでいいので、比較的初心者にも優しい内容だと思います。

でも、このテキストを選んだ際の注意点もあります。

テキストに書いてある内容を読むことが主のレッスンですが、どういう風に進めていくテキストなのかはあらかじめ知っておくと良いでしょう。

「まず、オーディオで内容を流すね。その後に、実際に読んでみてね。」

「私がまずこれを読むから、その後に2回繰り返してね」

このような指示は講師自身の言葉で話してくることもあるからです。言ってみれば、フリートークに近い感じ。

でも、あらかじめどのようにレッスンが進んでいくかをチェックしておくことで、講師が話していることをなんとなく理解できることも多いからです。

⑥必ず予習をする

どんな簡単な教材でも事前に目を通しておきましょう

意見を求められるようなテキストであれば、あらかじめ下書きをしておいてもいいですね。

レッスンでそれを読んでもいいですし、事前に文章を作ったことを講師に伝えて、手直ししてもらっても良いと思います。

レッスンの要望を書けるようなシステムであれば、

「事前に文章を作ってきました。ミスがあれば直してください。瞬間的に文章を作れるようになりたいので、レッスン中に質問もしてください。」

このように、伝えてみてください。

⑦レッスンの時間を短くする

沈黙になったり、合わない講師だったらその25分はとても長く感じられるでしょう。

その場合は、レッスン時間を短く設定しましょう

例えば、フリートークに挑戦してみたくなったり、初めての講師のレッスンの時など不安がある時は通常25分のレッスンを『15分』程度に設定し短めのレッスンを希望してみてください。

そこで、うまくいけば、次は25分に挑戦してみてください。

⑧話せなくて当たり前と開き直る

「話せなくて恥ずかしい」

「ばかにされたらどうしよう」

そんなことは考える必要はありません

実際、オンライン英会話の講師は1日に何件もレッスンをこなしています。

たった25分の自分の失敗をいちいち覚えている講師はいません。

それに、英語ができないから英会話を習っているのであって、そもそも講師は私たちが英語を話せることを期待していないのですから。

もし、沈黙ばかりのレッスンだったり、言っていることがわからなくて満足に答えられなくてもいいんです。

だって、オンライン英会話のレッスンを受けれたこと自体がすごいのですから。

しかも、講師に「あなたの英語下手だよ。」とか言われたのであれば落ち込んでしまうかもしれませんが、ネガティブな感情は自分だけの思い込みである場合も多いです。

『英語スキルを身につけたい』

という大きな夢があるのなら、そんな感情に引っ張られず、堂々と図々しくレッスンを受ければいいのです。

⑨千里の道も一歩から

「英語スキルを身につけていけど、なかなか進歩がみられない」

「今回のレッスンもきっとうまくいかないんだろうな」

そう考えると、レッスンを受けることに尻込みしてしまうこともあるでしょう。

でも、『千里の道も一歩から』というような言葉があるように、一歩ずつ努力を重ねていくことが大切なのです。

レッスンや自己学習を続けていると、その積み重ねが、いずれ大きな成果となるのです。

精神論ではないですが、「今日もダメだった」「いつになったら話せるようになるんだろう」ではなく、継続こそ力になると信じましょう

4、レッスン回数を重ねよう

レッスンが怖くなったら、一旦休んで自己学習をおこなって、自信をつけて再びレッスンにのぞむのも一つの方法だと思います。

でも私は自分の性格上、その方法を選びませんでした。

理由は、二つ。

レッスンをやめなかった理由

①せっかく意を決して申し込んだオンライン英会話。ここで、一旦休んでしまうと、このままフェードアウトしていまう可能性があったから

②時間は有限だから

まず①について

自己学習をおこなって自信がついたら復帰する、これっていつになるの?

そのいつかは永遠に来ないかもしれない気がしたからです。

そもそも、自信がつくって何を目安にするの?って。

次に②について

限られた時間の中で、『英語スキルを身につける』という大きな夢を叶えるためには、頑張りが不可欠だからです。

ですので、『オンラインレッスンが怖い』ということから逃げるのではなく、その怖さを克服する方法を取り入れて、英語学習から離れないようにするべきだと思いました。

・レッスン回数を重ねることで、「今日もオンライン英会話のレッスンができたぞ」と満足感にも繋がり、英語学習への意欲も高めていくことができる。

 

・オンライン英会話の会社によっては、自分のレッスン履歴が見れたり、総学習時間が見れたりするので、その数字を見ながら『達成感』も出てくる。

5、おわりに

■オンライン英会話への怖さと闘っている方、一緒に頑張りましょう。

■せっかく始めた英語学習です。このチャンスを逃さないでください。

■日々の努力がきっと大きな成果となって、数ヶ月後、数年後に成長を実感できるはずです。

■オンライン英会話を始めただけでもすごい。

■「自分は英語初心者」「話せなくて当たり前」と堂々といきましょう。

プラス思考こそ、成功への近道です。