双子育児

ワンオペで、双子を含む、乳幼児3人を入浴させる方法!!

我が家は上の子と2歳差で双子の弟たちがいます。

今は6歳と4歳になり、時々3人で入浴することもできるようになりましたが、もっと小さい頃の入浴は試行錯誤の毎日でした。

双子が0歳や1歳の頃はどのようにし3人を入浴させていたのか、まとめてみました。

1、双子、生後5ヶ月頃までの入浴方法

ベビーバスを使って入浴!!

生後1ヶ月を過ぎたら、ベビーバスを卒業する方が多いと思われますが、うちは使えるだけ使いました。

理由は、大人と同じお風呂で、首の座っていない乳児2人と、2歳の上の子を入れるシミュレーションをした結果、なかなかハードだからです。

お風呂場で使うことが多かったですが、もう1人から目を離すのが怖い時はシンクに嵌め込んで使っていました。


2、双子、生後6ヶ月以降の入浴方法

生後6ヶ月頃になると、首もしっかりしてきました。

空気を入れて使用するタイプのベビーバスを使っていましたが、連日の2人の入浴に疲れてしまったのか、どこからともなく空気が漏れ出し・・・・ぺっちゃんこに。

これを機に、大人のお風呂に変えました。

①1人ずつ入れる場合

・次々に入れられるように、3人とも脱がせやすい状態にしておく。

・双子のオムツチェックをして、お尻が汚れていたらきれいにしておく。

・機嫌が悪くならないように、テレビをつけておく。

・上がった時の着替え、飲ませるもの(ミルクや水分)を用意。(ミルクは少し熱めに作っておくと、上がった時にちょうどいい温度になっています)

ここまでできたら、あとは、順番に入浴させるだけ。

最初の双子の入浴後は着替えをサッと済ませ、作り置きしておいてミルクを飲ませます。

その間に、次の子を入浴させます。

双子の入浴の間は、上の子にはテレビを見て待っていてもらいます。

②上の子を一緒に入れる場合

双子が0歳のとき、上の子はまだ2歳でした。

「ママと一緒がいい」「弟と一緒に入って、お世話をしたい」

そういうことが多く、その場合は、『私+上の子+双子の1人』を2セットやっていました。

・入浴しない双子の1人にテレビを見せる

・上の子を脱がせる

・双子の1人を脱がせる

ここまでできたら、入浴開始です。

上の子はもう、1人で浴槽から出たり入ったりできるので、双子を抱っこした私の後ろからちょこちょこついて来て入浴していました。

事故防止のために、双子が上がる時に、上の子も連れて上がります。

双子①+上の子+母で入浴

双子①洗い終わり、上がる。

(事故防止のため、上の子も上がる)

双子①の着替え終わり、作っていたミルクを飲ませる

上の子を連れ、双子②入浴

双子②、洗い終わり、上の子も上がる

双子②の着替え、ミルク。

上の子と母、再び入浴し、体・頭を洗い上がる

3、つかまりたちができるようになってからの入浴方法

子どもたち3人と一緒に入浴します。

浴槽に捕まって立たせておいて、順番に洗っていきます。

つかまり立ちができるようになったと言っても、まだ安定しないので、目を離せません。

全員が洗い終わって、湯船で温まったら一気に上がります。

まず、母が上がり簡単に自分を拭いてから、子どもたちを順に上げていきます。

双子は調子がよければ、ハイハイでリビングまで行ってくれますが、なかなか進んでくれない時は、抱っこして運びます。そこから、お着替えです。

4、1人で歩けるようになってからの入浴方法

3人と一緒に入浴するスタイルは変わらずですが、歩けるようになっているので、バスタオルをかけてあげれば、浴室からリビングに行ってテレビを見ながら大人しくできるようになりました。

子どもたちをお風呂から上げたあと、ダッシュで自分のことを済ませ、リビングに向かい、3人の着替えをおこないます。

5、共通してやっていたこと

安全面について最大限に注意する

これが一番のネックです。ワンオペで、どうやって生活を回すかも考えないといけないですが、一番が『安全』です。

入浴中に溺れないように、転倒しないように、そして、リビングや浴室に残している子どもが危険でないように環境を整えなければいけません。

『湯を浅くはる』これも、安全対策の一つです。

■部屋、浴室をあたたかくしておく

■オムツ、着替えを用意しておく

■リビングでテレビをつけておく

■ママの髪は短くカット

こうすることで、すぐに洗えるので子どもから目を離す時間が短くなります。また、乾かす時間も短縮できます。

6、入浴の便利グッズ

・浴室マット


これを敷けば、タイルでひんやりすることもありません。滑り止めにもなり、子どもだけの特別な場所の出来上がり。

・フード付きバスタオル


新生児から使えます。濡れた髪に、フードをかぶせればあっという間に水分を吸収してくれます。フードを被れば動物や怪獣に変身できるものだと、入浴後もご機嫌で過ごしてくれるので、その間に他の子の着替えや自分の着替えができます。

・バスローブ


これ一枚羽織れば、すぐに子どものお世話ができます。

・オールインワン化粧水

できれば、ゆっくりお肌のお手入れをしたいところですが、なかなか難しいですよね。そんな時は、オールインワン化粧水でパパッとお肌を整えれば、手間も少なくていいですよ。

7、おわりに

双子を出産する前に、たくさんイメージトレーニングをした入浴方法。

でも、実際やってみると、たくさん改善点もわかり、手探り状態でやっていました。

どの方法がいいかは、それぞれの家の構造や、兄弟構成にもよります。

お助けアイテムを入手して、自分に合った方法を見つけてください。